2016年07月17日

神社から飛び出て「 じゃじゃじゃジャ〜ン 」のお話!



神社のお役目と本当のお話をします。



地方に出向いたある日の早朝・・・晴れぴかぴか(新しい)


神社にお参りに行きました。


何気なく・・・

御本殿をじ〜っと観ていると・・・



宮司さんが、【 御本殿の御扉 】を開扉した時です。



御本殿から何体もの聖霊達が飛び出して来たのです。


その光景を観て・・・

ある名言を思い出しました。ひらめき



ハクション大魔王 【 タツノコプロ 】 の有名な登場シーン!


「 呼ばれて飛び出てジャジャジャ ジャ〜ン!ぴかぴか(新しい) 」の名言が・・・


頭の中を駆け巡りました。


もちろん私が呼んだ訳ではありません。



御扉が開扉されると・・・


中から自然に飛び出して来たのです。



その存在はまるで・・・


不動明王の従者で、不動三尊といわれる存在のようでした。


矜羯羅童子(こんがらどうじ)不動明王の左(向かって右)に脇立

制多迦童子(せいたかどうじ)不動明王の右(向かって左)に脇立

左右逆の場合もありますが・・・



これらの存在に似たような聖霊(自然霊)が次から次へと・・・


町に向かって飛び出して行ったのです。



もちろん追い駆けても、その飛び立つ速さには付いていけません。



しかし・・・

その後、その聖霊達と再会したのです。



商店街や会社、人々の暮らしている町へと訪れているのです。


商店街には寂れた場所もありますが・・・。

活気(客気)に溢れた、豊かな商店街や専門店街があります。


その活気がある、元気に満ちている場所や商店街を観ていると・・・



その聖霊達は、笛を吹き、音を鳴らしながら・・・

扇子のようなものを扇いで、人々を商店街へと招いていたのです。



これは本当のお話ですが・・・

人々には、この笛の音や扇の波動は分かりません。


しかし・・・

この音に反応して自然とその場所に人々の足が向いているのです。




若い人にしか聞こえない「モスキート音」というのがあります。

モスキート音とは17,000ヘルツ前後の高周波音(高い音)のことですが・・・



これと同様に、聖霊の笛の音や扇の波動は、通常は聞こえたり感じなくとも・・・


人々の精神・魂・オーラはそれらを自然と感じ取り・・・

楽しく爽快で、心地良い場所に引寄せられているのです。



このような場所は、必ず繁栄して豊かになります。



もちろん、このような場合・・・。


商店街の会長さんや理事長さんは信心深い人が多く・・・

氏子神社にも頻繁に訪れて参拝しています。


だからこそ・・・


御神前での祈りと感謝を捧げる時に、「 自身の名前と住所 」をお伝え申し上げるのは・・・


伝統や文化だけの問題ではない事がご理解いただけると思います。



聖霊は神棚を祀っている商店街のお店では・・・

神棚の近くで飛んでいる場合もあります。


しかし、神棚を祀っていなくとも・・・


聖霊はそのお店の前で繁栄を願うかのように飛んでいます。


人々の本当の心のあり方が聖霊には分かるのでしょう。


まるでその地域全体の繁栄と幸運を司るかのように・・・ぴかぴか(新しい)




産土神社・・・?


生まれた土地の御縁ある神社です。【 産まれた土地の神様 】

産土神は、この世に生まれる時から守護してくださり、一生を通じて御守り導く御神霊です。



氏子神社【 氏神神社 】・・・?


住んでいる土地の御縁がある神社です。【 住む人々が祀る神社 】

氏神は、その土地の人々の健康と安全、生活の繁栄を司り、御守り導く御神霊です。



一般的に「 パワースポット 」と呼ばれる聖なる場所の中で・・・


絶大なるパワーと恩恵を授けて下さる聖地とは?


あなたの最も身近な【 氏神様と産土神 】だという事を知って頂きたいのです。



神社での御参拝方法・・・手(パー)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)




二拝二拍手一拝【 二礼二拍手一礼 】ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


1.賽銭箱に御賽銭を入れます。

2.鈴【 鈴緒(すずお)を持って本坪鈴(ほんつぼすず)】を鳴らします。

3.二拝(2回深くお辞儀をします)

4.胸の高さで両手を合わせて、右手を少しずらして二拍手。

5.両手を合わせて、祈りと感謝を捧げます。

6.最後に手を下ろして一拝します。



個人的なお願いは慎む事が望ましいのです。



先ず、地域の人々の健康と繁栄に対しての感謝の気持ちを申し上げます。


そして・・・

今の生活や環境で、生きている事への御礼と感謝をお伝えするのです。



それだけで、その「氏子神社」の御神霊や自然霊達は・・・

その思いに応えてくださり、さらなる御加護とサポートを授けて下さるのです。



神社とは・・・

今の生活と環境に感謝して、人生を見守り御加護を授けて頂くための場所であり・・・


神聖なる存在に畏敬の念を抱き、感謝をお伝えして、心のふれ合いができる場所なのです。



神社から飛び出た 「 じゃじゃじゃ ジャ〜ン! 」の本当のお話でした。手(パー)ぴかぴか(新しい)





posted by Komei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック