2026年01月01日

七福神の本当のお話!



七福神といえば。。。

さまざまな福財、音楽、知恵、商売繁盛、五穀豊穣、大漁追福をもたらし
日本人からは馴染み深く愛され慕われている存在です。

恵比寿様
福の神として「商売繁盛」をもたらす日本由来の神様です。
商売の神様「えべっさん」で親しまれる「大漁追福」の漁業の神様。

大黒天様
インドのヒンドゥー教のシヴァ神の化身マハーカーラ神とされます。
福財・食物を司る五穀豊穣の神様として有名な神様です。

大黒様と恵比寿様は七福神の一柱のですが、一組で信仰される事が多く、
寿老人と福禄寿も一組で信仰されています。


神楽では恵比寿舞と大黒舞が知られており


大黒様が五穀豊穣の農業の神様としての面。
恵比寿様が大漁追福の漁業の神としての面。

そう考えられているからでもあります。

寿老人様
寿老人は道教の神様で中国の伝説上の人物です。
南極星の化身の南極老人とされます。
白鬚明神とされることもあります。

福禄寿様
宋の道士天南星、または南極星の化身の南極老人とされます。
幸福、子宝、財産、健康長寿を具現化した存在とされます。
寿老人と同体・異名の神様とされる事もあります。

毘沙門天様
福徳増進の様神として信仰されます。
本来の神格である福財の神という面が強まり、福の神として
恵比寿・大黒にならぶ人気を誇っています。

弁才天様(弁財天)
七福神では女神としてインドのヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー神とされます。
音楽・弁才・福財・知恵の神徳のある天女として、七福神の一柱としては
「弁財天」とされる事が多いです。

布袋様
中国に実在したとされる仏教の伝説的な禅僧。
大きな袋を背負った太鼓腹の御姿で描かれる事が多く、笑顔と豊かな風貌が
親しまれています。
日本でも七福神の一柱として人気の布袋様
中国では弥勒菩薩様(マイトレーヤ)の化身ともされています。


そこで本題に入りましょう。📖



トイレの神様で有名な「神様」はご存知でしょうか?


密教における明王の一尊である「烏枢沙摩明王様」です。


この神様の有名な神徳としては御手洗いの清めと浄化があります。🚻
しかし、それだけではありません。
子宝の御神徳もあり、もっとも興味深い御神徳は「福財・知恵」を授かるのです。

諸説ありますが・・・


個人的な見解として。

布袋様 = 弥勒菩薩様= 烏枢沙摩明王様


同じ親和性のグループとして観ています。👀



ご存知の方も多いと思いますが。
ある保険会社がこんなデータを発表しました。


トイレ掃除を毎日欠かさずに行っているご家庭と
まったくそうでないご家庭では
年収に驚くほどの違いがあったようです。


これはさまざまな要因が関係しているのですが・・・
トイレ掃除とトイレの神様である、烏枢沙摩明王様の御神徳が関係しているのは事実です。


また不思議な話になりますが。

烏枢沙摩明王様、布袋様、弥勒菩薩様と
生まれながらに御縁がある人や、信仰されている人と話をしたり、握手をしてふれ合うと!


金運という現世的な副産物を授かる事があります。晴れ


あれっ?

何であの人と会ってから、運気が上がった?

あの人と握手した後に、くじ運や金運が上がった?


そのような経験をされた方もいると思います。

しかし、それは一時的なもので長続きはしません。

棚から牡丹餅はある意味。。。

努力と苦労を惜しまないで真面目に生きて来た人のご褒美であり。


努力を怠って来た人には!
後に努力と苦労を強いられる事になります。


すべてバランスの法則で成り立っています。

この地上は、法則によってすべて規制されています。
すべての出来事は原因と結果の関係で生じているのです。


努力・苦労の後は、必ず豊かで幸せになります。手(パー)ぴかぴか(新しい)


それは「人生の後か先か」だけなのです。



だから人生はおもしろい!




posted by SHERLOCKIAN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック