2014年11月11日

親は子供に鍛えられる!?



親と子供の絆に関してのお話

道を歩いていたり、公園で過ごしている親子の姿を観ていると・・・
ふとっ!想うことがあります。

似た者同士の親子もいれば、性格のまったく違う親子もいるんだなぁ〜・・・って。
実感する事があります。

子供を観ているとお母さんやお父さんよりも・・・
大人の子供がいます。


あなたは過去世を信じますか?

信じる信じないは・・・人それぞれですから。
夢物語として気軽にお読み下さいね。(笑)


高僧や神父さんだった子供が無邪気に遊んでいたり・・・
泣きじゃくる子供をあやしている父親が、戦国時代の武将だったり・・・
聞き分けのない子供を叱り付ける母親が、修道女(シスター)だったりすると・・・


なんだか微笑ましくなる事があります。わーい(嬉しい顔)


私は結構、人見知りで人と接するのが苦手だけど・・・

人を観察したり人の温もりを感じる事が大好きです手(パー)ぴかぴか(新しい)


人を観ていると・・・
人それぞれの悩みや苦労が分かってきます。
十人十色、百人百様なんだぁっ〜て感じます。


さまざまな環境の変化で、大人だけじゃなくて・・・
子供もいろいろと気苦労があったりしてるんだなぁ・・・。あせあせ(飛び散る汗)
って想うことがあります。


子供を持った親は、さまざまな人生や環境の変化で精神的に鍛えられます。パンチ


生まれた時。
怪我や病気に見舞われた時。
環境に変化が起こった時。
成長して独り立ちした時。
遠く離れた場所で暮らし始めた時。
別れの時。


親が子供を教育しながら育てる反面・・・

親も子供にさまざまな事で成長させられます。

子供の中には、反面教師のように、親の悪い部分を見本のように写したかのような子供がいます。


親は自分の子供を見て、自らの反省や戒めを理解しなければなりません。
親だから決して偉いのではありません。むかっ(怒り)

育てる事だけが親の役目ではありません。

親だから子供と一緒に学び合い、善い事は共に実行し、悪い事は反省する。
それが親子の絆となって育って行くのです。

親子の絆とは・・・愛なのです。

無償の愛こそが・・・本物の愛なのです。


そして、また・・・

来世でも出会えるかもしれませんから揺れるハート





posted by Komei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

お店は満員御礼!



こんな経験ありませんか?

お店にはお客さまは誰もいない。
お客より店員の方が多い・・・


しかしあなたがその店に入るとあれよあれよと・・・
お客さんが入ってきて、いつのまにか店内が混雑する事って!


私も若い頃には。
このような状況に関しては疑っていました。

「たまたまだろ?」
「時間帯がそうなんだろ!」
「現実的にありえないよ」

このような考えでした。


しかし・・・

同僚と2人で遅くなった昼食 レストラン
時間は午後2時30分を回っていました。

私「遅くなった〜。」「腹減ったあせあせ(飛び散る汗)
同僚「早くご飯食べよう」

見つけたお店に入りました。


時間的にも遅くて、お客さんは自分達と1組のお客様だけです。

私「さすがにこの時間帯は少ないな」
同僚「うん」

しかし・・・
私達が席に着いて2〜3分後。

数人のサラリーマンの方達が入って来ました。


それからは、嘘のように次から次へと・・・

あっという間に、店内は満席になりました。


また違う日に・・・
今度は3時過ぎにお店に入りました。


さすがにこの時間は、入店時は誰もお客さんはいません。
しかし、座って数分後にはお客さんで満員御礼でした。



人一倍、疑い深い私は思いました。


食事ができるお店だけでなく、いろんなショップでも私が入店すると混雑してくるのだろうか?

「よし試してみよう!」


普段からあまりお客様が入っていないショップを探して・・・
さらにお客さんが少ない時間帯に行ってみようと・・・


お客様がいないショップに入った瞬間!!


店員の目が光り目

「金魚のふん」状態です。


店員さん「いかがですか?」「どのような物をお探しですか?」「お気軽にどうぞ」


お気軽にって・・・言われても。あせあせ(飛び散る汗)

困りま〜す。困る顔


この状況をどうやって、打破するべきか?
そう悩んでいると・・・あせあせ(飛び散る汗)


お客様が入って来た。ムード


これで店員のターゲットはこのお客様に向くだろう。


すると次々と・・・
この店に吸い寄せられるようにお客様が入って来ました!!!


今だ退散っ〜 ダッシュ(走り出すさま)



結果として・・・

昔から現在もそうですが。


私が入る店は、必ず満員御礼になります。ひらめき


私も時にはお役に立つ事もありますね。手(パー)ぴかぴか(新しい)



posted by Komei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする